最新の治療

αリポ酸点滴療法

当院では,インスリン感受性を高め糖代謝を改善し、がんの発生を阻止するためにαリポ酸点滴療法を行っています。

αリポ酸点滴でとくにおすすめできるのが、がんに対する治療法です。
これはがん細胞の眠らされている不完全なミトコンドリアを活発にして、活性酸素を大量に発生させてがん細胞を細胞死に向かわせるものです。
この治療法はがん細胞と正常細胞のミトコンドリアの相違を考慮して、がん細胞により大量の活性酸素を発生させる非常に理にかなった治療法です。

 

 

当院では、これらの治療を火曜日の午前以外は行っています。

 

お知らせ

2019年6月1日より毎週月曜日午後診・木曜日午後診と金曜日午後診はオゾン療法・血液UV療法・
              高濃度ビタミンC点滴療法・αリポ酸点滴療法のみの専門外来となります。

誠に申し訳ございませんが月曜日午後診・木曜日午後診と金曜日午後診は一般内科外来はございませんのでご注意くださるようお願い申し上げます。

 

 

αリポ酸とは何か?

αリポ酸は人間の細胞すべてに存在し、水溶性であるだけでなく脂溶性でもあるため細胞膜を通過し、
すべての細胞に自由に入れることができるという特徴がある。
また、血液脳関門(B.B.B.)も自由に通過できる唯一の抗酸化物質である。
αリポ酸は肝臓のミトコンドリアの中でオクタン酸(カプリル酸)とシステインから生合成されている。
αリポ酸は補酵素として、好気的解糖であるTCAサイクル をまわして糖代謝を促進し、
体内の炭水化物を分解してエネルギーに変え、他の臓器に供給する。
またフリーラジカル・スカベンジャーとして細胞の抗酸化に働いて細胞のダメージを減らすだけでなく、
他のスカベンジャーであるビタミンC、グルタチオン、ビタミンE、コエンザイムQ10、NAD
を再生し、リサイクルする作用をもっており、あらゆる臓器のあらゆる細胞で抗酸化作用を示して
フリーラジカルを消去する。
それらの作用の結果、
 糖化を抑制して、メタボを改善し、⇒⇒⇒ 糖尿病、高脂血症、動脈硬化症、心疾患

 神経を修復し、⇒⇒⇒ パーキンソン病、アルツハイマー病、糖尿病性神経障害

 免疫を調整し、⇒⇒⇒ 自己免疫疾患

 炎症を軽減し、⇒⇒⇒ フリーラジカルを消去して酸化ストレスを軽減し、NFκBの活性を抑制したり、
                         TNF-αやCOX-2の働きを抑える。

がん細胞のアポトーシスを起こす。⇒⇒⇒ がん

また、強力なキレート剤として、重金属(カドミウム、水銀、銅、マンガン、ヒ素、鉄、カルシウム、亜鉛、鉛…など)を体外へ排泄させる。

 

αリポ酸の抗ガン作用

①αリポ酸はTCAサイクルのピルビン酸脱水素酵素とα-ケトグルタル酸脱水素酵素を活性化して、
ミトコンドリアの酸素呼吸を促進して、がん細胞での活性酸素の産生を高めて、アポトーシスに導く。

②αリポ酸は、アポトーシスを抑制する細胞内タンパク質であるbcl-2の過剰発現を抑え、
アポトーシスを促進するbaxの発現を高め、ミトコンドリアから核へのチトクロームCやAIF(アポトーシス誘導因子)
移行を促進して、がん細胞をアポトーシスに導く。

③がん細胞で恒常的に活性化されているNFκBを阻害して、慢性炎症を鎮めることで、がん細胞の発生・増殖
・浸潤・治療抵抗性・血管新生・転移を抑制する。

④αリポ酸はTリンパ球の活性化を高めて、がん細胞を死滅させる。

⑤αリポ酸はAMPKを活性化して、mTORC1を阻害することによって、がん細胞の増殖を抑制する。

⑥αリポ酸は、細胞接着分子であるβ1-インテグリンの発現を阻害して、がんの浸潤・転移を抑える。

 

αリポ酸点滴療法 目次 

 

αリポ酸とは何か?

αリポ酸の抗がん作用

αリポ酸とガン細胞

αリポ酸の作用メカニズム

αリポ酸点滴療法の適応

αリポ酸点滴療法の適応その2

αリポ酸点滴療法の適応その3

肝臓病とαリポ酸

αリポ酸の性質・作用

αリポ酸とTCA回路

αリポ酸とβ酸化

αリポ酸と脂肪酸合成、コレステロール合成

アテローム動脈硬化症とαリポ酸

αリポ酸とAMPK

糖尿病とαリポ酸

虚血性心疾患とαリポ酸

心不全とαリポ酸

高血圧とαリポ酸

糖尿病性ニューロパチーとαリポ酸

αリポ酸の作用機序

αリポ酸の抗酸化力

αリポ酸点滴療法

経口投与によるαリポ酸

αリポ酸の経口剤について(内服 R体とS体)

αリポ酸の血行動態について

αリポ酸点滴+低用量ナルトレキソン経口療法(LDN)

低用量ナルトレキソン療法(LDN)

αリポ酸点滴上の注意